■ページ本文テキスト■

加工難易度/加工難易度/加工難易度/495148加工難易度/加工難易度/464750エーテル系ウレタン(UR)90°硬度/A90°(±5°)厚み/1〜100特徴/使用用途・例/パッキン・緩衝材・シール材・ローラー切断切削・研磨接着◎◎○エステル系ウレタン(UR)90°硬度/A90°(±5°)厚み/1〜100特徴/使用用途・例/パッキン・緩衝材・シール材・ローラー切断切削・研磨接着◎◎◎エステル系ウレタン(UR)70°硬度/A70°(±5°)厚み/1〜50特徴/使用用途・例/パッキン・緩衝材・シール材・ローラー切断切削・研磨接着◎○◎エステル系ウレタン(UR)60°硬度/A60°(±5°)厚み/1〜50特徴/使用用途・例/パッキン・緩衝材・シール材・ローラー切断切削・研磨接着○△◎エステル系ウレタン(UR)50°硬度/A50°(±5°)厚み/1〜50特徴/使用用途・例/パッキン・緩衝材・シール材・ローラー切断切削・研磨接着○△◎RoHS対応耐摩耗性熱可塑性ウレタンシート硬度/A90°(±5°)厚み/0.3〜0.5特徴/※耐荷重使用用途・例/パッキン・緩衝材・シール材・ローラー加工難易度/0.3T〜0.5Tと厚みが薄い為切断のみ可接着は重ねツギMaterialC-03Guide-1www.moriteq.co.jp物性データTB(引張り強さ)Mpa(sf/?)/45(459)EB(切断時伸び)/680%CS()内は試験条件/37(70℃×22h)磨耗減量アクロン磨耗試験cc/1000回/0.02反撥弾性/52%物性データTB(引張り強さ)Mpa(sf/?)/26.6(271)EB(切断時伸び)/610%CS()内は試験条件/3(70℃×24h)磨耗減量アクロン磨耗試験cc/1000回/0.057反撥弾性/50%物性データTB(引張り強さ)Mpa(sf/?)/27.7(283)EB(切断時伸び)/630%CS()内は試験条件/28(70℃×24h)磨耗減量アクロン磨耗試験cc/1000回/0.055反撥弾性/50%物性データTB(引張り強さ)Mpa(sf/?)/35.1(358)EB(切断時伸び)/430%CS()内は試験条件/30(70℃×24h)磨耗減量アクロン磨耗試験cc/1000回/0.05反撥弾性/37%物性データTB(引張り強さ)Mpa(sf/?)/52.1(532)EB(切断時伸び)/430%CS()内は試験条件/27(70℃×24h)磨耗減量アクロン磨耗試験cc/1000回/0.034反撥弾性/34%物性データTB(引張り強さ)Mpa(sf/?)/23.7(242)EB(切断時伸び)/740%CS()内は試験条件/37(70℃×24h)磨耗減量アクロン磨耗試験cc/1000回/0.057反撥弾性/40%17